ホーム隣人事件簿→住居侵入事件②後編

隣人トラブル・嫌がらせ体験談 隣人なんかに負けないぜ!!
「隣人事件簿」

隣人事件簿「住居侵入事件②後編」 2017/05/22更新

スポンサーリンク

住居侵入事件②後編

この記事は「住居侵入事件②」の後日談に当たり、この記事で住居侵入事件は完結編となります。
隣人K子の住居侵入および鈴木家の異常行動などに対し、警察へ被害届の提出を求めましたが結局「警告」止まりでした。
警察の警告がしっかりと実行されたのかわからないまま、3ヶ月ほど平和な日々が過ぎていきました。

K子襲来

太郎が土曜出勤のため職場にいると母花子から焦った様子で一本の電話が入りました。

花子「今おばあちゃんから連絡があったんだけど、おばあちゃんちに隣のK子が来たみたいなの!」

太郎「なんで!?」

花子「わからないけど、お前の娘に貸した金を返せ!って騒いでるみたい!」

予想の斜め上を行く衝撃の展開でした。
そこで、母は「家の鍵を閉めて絶対に出てはダメ!」と祖父母に伝え、警察へ電話するとともに自らも隣町の祖父母の自宅へと向かいました。
私(太郎)は、いてもたってもいられず、仕事は早退させていただき、祖父母宅へと向かいました。

警察到着隣人の言い訳


母が到着した頃には警察はK子に接触していました。
K子は母を見るなりこう言い出したそうです。

K子「ほら!見なさいよ!私は今回は家の中になんか入ってないから!!」

もちろん警察には騒がないように注意されていますがおかまい無しです。
警察に止められてるにも関わらず自転車に乗り逃げるようにその場を離れようとしていたそうです。
母花子はK子をガン無視して祖父母の元へ向かい無事を確認したようです。
警察に状況を説明するように言われたK子曰く

K子「警告は受けたけど、もう3ヶ月も経っているんだから無効でしょ!!」

これには警察官も呆れ顔で「そんなことある訳ないでしょ!勝手な解釈をしないでください。」
と一蹴していました。

警察に厳しく注意されたK子はすごすごと帰って行ったそうです。

対応が早い!

今回の出来事では、太郎が祖父母宅へと到着したときには全て終わった後でした。大きな被害も発生せずに済んだのは隣町の警察官の対応の早さのおかげだと思っています。
てか、「地元警察しっかり仕事しろ!!」って感じですが、高齢者が標的になったから動きが早かったのかもしれませんね。
隣人に騙されて祖父母がお金出してしまったら、「詐欺罪」にあたるんじゃないのか??

その後

一応警察にも上記のように「詐欺未遂」にあたるのでは?と確認しましたが、地元警察はいつも通りのなぁなぁな対応でした。
自宅への侵入から始まった隣人の異常行動は一応これで収まりました。
しかし、一方で警察に頼ることの無意味さを自覚した一連の出来事でした。
そこで、新たな方策として弁護士を雇いこちらから行動を起こすことになるのでした。

Twitterもやってます!是非フォローお願いします。

スポンサーリンク

相互リンク受付中!!

同じような嫌がらせ被害を減らすために情報の共有をしませんか?
隣人なんかに負けないぜ!!では相互リンクしてくださるサイトを募集中です!
興味がございましたらツイッターから連絡をお願いいたします。

関連リンク先

道路族.com 様

<< 前のページに戻る